うぐいす色の実

[Edit]

レッドタートル ある島の物語【映画】

突然ですが知ってます?2016年夏ジブリ映画。

え、知らない?もしかしたらそれは当然かもしれません。
当時はアニメ映画は「君の名は。」特撮では「シン・ゴジラ」が大ヒットし、
珍しくヒット映画が2つもあったという珍しい年。

でも私の場合この二つのヒット作を実はまだ、見ていません(笑)
むしろ「レッドタートル ある島の物語」の謎めいた予告に衝撃だったというのもあります。

セリフが「ああーー!」とか叫び声や呼吸音くらいしかないんですよね。
そして、男の作った竹?のイカダを執拗に壊しにくる赤いウミガメ。
危険を知らせるわけでもなく、壊したらその場を去る赤いウミガメさん。

大きさもさることながら、事故を誘発してくるウミガメさん・・・。
こんなの、海に鉢合わせたら怖すぎ。(((´゚ω゚`)))ガタガタ
訳がわからなすぎて逆に気になってしまった映画だったんです。


そしてそんな気になっていた映画をやっと見れた時の感想をつらつら書きますよ〜。


maxresdefault.jpg

      2匹のウミガメを見つめるのは、漂着した男性の子供。生まれ持ってウミガメと親しい。






感想とか言いつつ、あらすじなどはあえて書きません。

何がいいって、海辺を走るカニさんとか、空を飛んでるカモメたち、あるいは魚たち、
夜生まれて砂から這い上がってくる子ウミガメさんとか、生き物の動きが素晴らしいです。
本来の生き物の動きを生かしてアニメにしているというのが伝わってきました。

しかも、ちゃんと生死の描写がありますし、本物らしさを感じるという珍しいアニメ。
(全ての生き物が我が友人という仲良しこよしアニメとは違・・)

ただ、植物も動物もそうなんですが明確にこの種という特徴はありません。


ほか、若干個人的に苦手なシーン。
男が穴に落ちその先は海水が溜まって切り立った岩壁で登れないとか、
仕方ないから海水に潜って岩と岩の狭い隙間を潜るところとか、
疲れ知らず何度も作業していたりとか、家に帰りたいのに帰れないとか、とか・・・。

焦るのなんのって、子供の頃の絶望や恐怖の塊がそこにあるわけですね(((´゚ω゚`)))ガタガタ
この絶望感や孤独感しんどいものです。ちょっとドキドキしました(笑)
愛嬌のあるカニさんは時折癒しになります。

またBGMもいいんですよね。ゆったりとした画風とまた合ってるんです。


多くの人はストーリーとか、気になるところだと思うんですが、なんせセリフがないので、
人物の動きを読むしかなく「こうだろう」を話していきます。


どこ、いつがない世界で、嵐で島に漂着した1人の男の生涯。
最初は島を出ようと奮闘するのですが、この島で"ある過去"を非常に悔いています。
作りかけの船を沖へ流すんですが、祖国へ帰らずこの島で生きることを決意するわけです。

男性の生涯の中で赤い髪の女性の存在があるんですが、彼女は始終キーパーソン。
彼女のおかげで男の子を授かり、彼もまた立派に成長していくわけですね。
彼は父から教えられた島の外へ憧れを持っていて、3匹のウミガメと旅に出て行きます。

登場人物は基本この3人で何を考えているのか全くわからないんですね。
なので、視線にある先とか、怒りや悲しみが明瞭であるシーンくらいで読み取るしか
ありません。
男性も赤い髪の女性も年老いて過ごす中で、男性は満月の晩に息をひきとるわけですが、
そんな彼に対していまひとつ感情が明確でなかった彼女ですがこの時初めて泣くんですよ。

確かに女性は、彼のことを愛していたんだなとよくわかる部分です。
ラストシーンで、あるもう一つの彼女の人生について気づくわけですが
ここはあえて触れません。


カテゴリー的に恋愛映画とする記事もあるようですが、私としては「人生;LIFE」の
カテゴリーに入るのではないかと思います。

長編映画にしては人を選ぶ映画で決して万人受けしません。
明らかに大衆向けの映画とは違いますが、内容は「レッドタートル」の方がまだ濃い。

自然に対しての愛を感じました。やっぱり映画館で見るべきでしたね(泣)

多くを語りませんが、惹きつけられる画風をもった作品だと思いました。


maxresdefault-1.jpg



この映画の監督・脚本・原作はマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットさんで、
彼の短編作品の中に「岸辺の二人; Father And Daughter(2000)」があり
こちらもセリフはなく、8分ほど短い作品です。

映画を知る上で参考になるかと。




ではまたヾ(・ω・ )

スポンサーサイト

PageTop

[Edit]

ザ☆懐古厨ナギサ

そうだ! ハマってる映画の見解をしようーーーいつの間にか飽きて保留(笑
ハマってるゲームの紹介をーーーオンラインゲームが閉鎖(笑

そうです、いつものことです!!
それだけ飽きるのも、時が経つのも早かったり?


そう。。 記事の書き方&こちらのパスワードをすっかり忘れていました。
ブログ覗いて懐古厨になるのも、私の特性です。

そういや、ここ数年?で"日記"?の媒体ってすっかり変わってしまいました。
以前はPC&携帯ブログ、mixiやアメブロが流行り、スマホの登場でSNSが発達、
FBやTwitter、LINEが生まれて。

そう。。 何が言いたいかというと、こちらのブログがほったらかしにされている
ということは、他のSNSでも全く同じなのです(苦笑)
それはペーパーでも同じこと(笑)

新しく何かを取り入れるも、それがすべて数年前に流行ったもので、もうすでに
ブームが去ったとはうえ、面白かったら末長く愛用してます。
いつも目の前のことでいっぱいいっぱいですが、好きなものに対してはほどほどに。

PageTop

[Edit]

はじめに。。

一度過去の日記と区別するため、分けました。
あまりにも以前とは環境が変わっているからです。

PCの機種が変わりWinから・・今はMac。
重要なのはここからで、小説の内容等保存していた携帯はスマホに変わり、元々
携帯で作っていた小説の内容が見れず終いになっています・・orz

小説も今となっては再開するかどうかは決めていません。。
最初に練っていた案も今行えば当初との思考がズレていることもありますし、
構想を練っていた時の話がスマホに変えてから見れなくなりました・・orz
何度も書き置きしたものの、主旨がズレて来てしまいました。

相変わらず小話程度に小説を作り続けていますが、今現在では構想が止まって
しまい公開できない状態がまだ続く事になります。


更新して以来、私情でなかなかブログに訪れることもなくなりました。
これからも続けるかどうかは謎です。
以前のように頻繁には来れないと考えて下さい。

今までもこれからも、書きたいときにマイペースでやっていこうと思います。

PageTop

[Edit]

お久しぶりです!

3ヶ月ちょっとほど、無断で告知せずの放置をしていたナギサです^^;
諸事情により不定期な再開をばかりしています。
久しぶりすぎて小説の内容とんでしまった方、本当に申し訳ないです><
また後々、あらすじのせたいと思います^^

小説の更新ですが、小説を書きためているのにまったく更新していな
かったことが今になって長引いてしまいました。




最近の出来事・・と言ってもいいのでしょうか?
海水魚を飼い始めまして。。
そうです、海のお魚です。はい(^^)

3月くらいにクラゲを何も考えずに衝動買いしてしまったのが始まり
でして、今はクラゲはいなくなりサブとして飼育し始めたクラゲの餌
処理隊の海水魚だけが残りました(‘ω‘*)




3月から今までの流れとしてですが、×は死んでしまっていない生き物
たちになります。

サカサクラゲ①×・デバスズメ①・ミスジリュウキュウスズメダイ①×
カクレクマノミ2匹①(1匹だけ×)・サカサクラゲ②×・カクレクマノ
ミ1匹②・アカシマシラヒゲエビ①・サンゴイソギンチャク①×・サカ
サクラゲ③×


【9/10現在】
デバスズメ    →名前:サン
カクレクマノミ①②→名前:①ビジ②チビ 
アカシマシラヒゲエビ→名前:チョッカー

亡きサカサクラゲ②ですが名前はスイミー




忙しく名前をつけなかった子たちもいますが、みんなのことはちゃんと
ナギサが覚えてますよ(ノω`。)
あ、ちなみに、①やら②やらというのは二代目、三代目という意味です;

何ヶ月・・というのもそこそこ覚えていますが今日はこのあたりで:)


〜〜Photo Gallery〜〜
今居るのはこの子たちです。右側は全員集合してますねw
IMG_0020.jpgIMG_0083.jpg

PageTop

[Edit]

#70 コルシェ・センター・フィールド大会:前編 4/4


「やりすぎだ、リズ!」

ロワンの声は響いたが、リズには届いていなかった。


ふいによろよろとよろめながら近づく金色の光をヒワリは手で包み込んだ。
目は両方とも×になり、体の色は元に戻っていたが体は淡い藤色ではなく、
桃色に染まっているグロウ・ピンキーだった。

周りに見えないように、少しだけヒアの魔法をグロウ・ピンキーに送ると
チームごとの籠へ入れた。



『リズがサンダーを浴びさせたところで一度集計しましょう。あくまでここは選抜ですので
悪しからずご了承願います。

…さて、集計ができたようですね。Aチーム8匹、Bチーム11匹、Cチーム7匹。
なお、グロウ・ピンキーの色違いはCチームによって見つかりました。
よって、5匹分となり、Cチームは15匹獲得。
これにて、トール、ナムサ、ロムリ、ヒワリ、リズ、ムーベンの決勝進出が決まりました!』


ヒワリは他のグロウ・ピンキーたちを見て唖然として、アナウンスが耳に入らなかった。
チームごとの籠には弱りきったグロウ・ピンキーたちが入れられており、
赤い光と金色の光を交互に光り再び警戒を示した。

ウォーターとヒアを混ざり合わせた医療魔法を使う。
宙に浮いた球体のような液体に始めこそは警戒していたものの、水だとわかると
楽しそうに遊び始めた。


「何してるの?もう終わったのよ?」

リズの冷めたい言葉が突き刺さる。
「それに邪魔しないでって言ったよね?何?そんなに人の邪魔がしたいの?」

いつの間にか鞘を抜き、剣を持ってヒワリに詰め寄った。
グロウ・ピンキーたちの光は青色へと変わり、リズの様子におびえていた。

リズの瞳を見てヒワリははっきりとした確信に変わる。
瞳の奥では、憎しみと怒りが渦巻いているように見えた。
それがヒワリに対してなのか、ヴァンパイアに対してなのか分からないが、
今のリズと同じ目を前に一度見覚えがあった。
以前、鏡を映して見たヒワリ自身の時と同じ瞳。




「なんか大会にしては変ですよ。なんというか・・・焦ってるといえばいいのでしょうか」
エンゼルはそうフォーンやヒイラギ、ユラに言った。
みんなもその意見に賛同したようだ。

そして、そういっている間に観客席でどよめきが起こった。


「ヒイラギ、リズが!」
フォーンの声にはっとして、ヒイラギはリズを見た。
腰の鞘にしまっているはずの剣が抜かれ、ヒワリに迫っている。

それをみてフォーンやエンゼルは居ても立ってもいられない。

 「どうしちゃったのかな・・・?ヒワリ大丈夫かな??」 
 「えっと・・・、そうだ!魔法を使えば・・・!」
 「ここからでは魔法は使えない。遠すぎるし、何より危険だ」
ユラの声にエンゼルは納得できない。

 「でも!」

そして他の観客席ではさらにどよめきが強くなった。
ふとリズとヒワリの近くへ見ると、そこには黒いマントを着た
何者かが立っていた。

PageTop