[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

Mission13# ミッドガンド――時計塔の町サンセット―― 3/3


「ティア着いたよ」




そっと目を開けると街並みが続くサンセットの街並みの先に海がみえ、水平線の先には今まさに日が沈みかけようとしていた。



「きれい‥」

「ここの夕日はサンセットの名物なんだ」



ここへ来る前時計塔の頂上には三角の屋根があり時計の真下にはぽっかり空いた窓のようなものが見えたが、おそらくここはその窓にいるのだろう。
腹部の高さまで鉄格子があり、風景を眺めれるようになっていた。

イリスはティアを下ろすと、ティアの隣に座る。




「イリスはこの町に一人で住んでるの?」

「いや母ちゃん、叔父と叔母と。でも他の町なら一人暮らしだな。
父ちゃんはパラディンだったけど、随分前にノヴァと対戦してその怪我で亡くなったから」




ティアはパラディンと聞いて背筋が凍るような感覚になった。
「パラディン‥?」

「‥大丈夫か?顔色が悪いけど」


ティアはノヴァと悟られないように振る舞うしかなく首を横に振った。



「ちょっと疲れてるだけ‥」


「宿まで送ろうか?」

「宿はまだ…、着いたばかりで。でも‥宿を借りるほど長居はしないから」


「でも体調悪いんだろ?歩ける?もう走らないし」




一瞬意識が途切れイリスの話を解釈しようと頑張ってはみるものの頭がよく回らない。
そして、挙げ句の果てににはイリスに寄りかかってしまった。

「ご、ごめんなさい‥眠くて」


起き上がりたくても、体が動かない以上このまま気を張っていても無駄なように思えた。


「眠っていいから、な?」




イリスに言われて安心しティアはいつの間にか意識を失ったように眠りについた。
そのとたん、ティアの髪の色が紅く染まり始めたところをイリスは見過ごさなかった。


目の前にいる人物はふいに浮かんだあの写真に写り込む人物と一致する。



――やっぱりそうだったのか‥。




イリスは自分の立場とティアの立場を初めて比較することになった。
自分はパラディンであり、ティアは‥敵であるノヴァ。


自分では好きになった相手を守ってやれないことを瞬時に悟り、初めて種族の違いを疎んだ。



――せめて、今だけは。


気付かないでいてくれたらいい、ただそれだけだった。
ティアの寝息が一瞬だけ立場を忘れさせてくれた。


「――‥俺のために無理したのか。だから‥あんなに疲れていたんだな?」

イリスはティアを一瞬だけぎゅっと抱きかかえると、自分の家へと足を運んだ。



スポンサーサイト

[Edit]

心の叫び ( 0□)ゝ{青春ノ中心カラ叫ンデミル)

込みあがってくる悲しみと不安・・。
こんなことじゃダメだよね・・。

でも、今はすごく悲しいんだ。不安なんだ。
こんなことじゃダメ。。
でも、涙が出るんだ・・・なんでだろう。

君を想うと涙があふれてくる


君に対しての「好き」は
ほとんど「涙」と「悲しみ」に変わってしまった。
前みたいに気持ちは高揚しないんだよ。

変われるとしたら・・もう一度、私に希望をくれますか?

今はそれだけで・・
どれだけ気持ちが救われるだろう。


――*――*――*――*――*――*――*――*――

今日だけは前向きな日記じゃなくてすみません。。。m(_ _)m

青春的な悩みですorz
ディズニーランドと居場所がなくなった遊園地をみているような気持ちです。

好きな人に対しての気持ちが、
以前の高揚した気持ちはもう出てこなくなってしまい、
「涙」と「悲しみ」の気持ちが強くなりました。


@以前→「気持ちが高ぶる」「ドキドキする」⇒「好き」
@今  →「悲しい」「涙が出てしまう」⇒でも「好き」 


遊園地に当てはめると、どんな気持ちかわかりやすいと思うのですが皆さんはどうでしょうか・・?

弱音を吐いているのは承知の上です...(--`;;)

[Edit]

楽しさと悲しみのギャップ;;

今朝方、怖い夢を見て飛び起きました;;

体の半分(片足片腕あたり?片半身です(汗)を女の人にしがみつかれている夢で、詳細は忘れましたw


飛び起きてみると、ちょうど女の人がしがみついていた片半身はちょうど毛布がかかっていなかったようで冷えてましたorz



今日は何かと気持ちのUp・Downが激しく、

マーメイドについて検索していると、たまたまリトルマーメイド関連で、

去年の夏にディズニー・シーで起きた家族ケンカのことを思い出しました(^^;)



家族ケンカののち、一人でマーメイド・ラグーンに行き、

ケンカ後の気まずさとは裏腹に楽しい曲が流れていたので

気持ちのギャップが苦い思い出の引き出しになってしまいましたorz



大好きな曲だけに悲しいです(´`。)


このできごとは夢にも悲しい時の気持ちが反映されてしまい、
楽しいはずのマーメイド・ラグーンは私の中で悲しい物事のシンボルとなっちゃいました;;

楽しいんだけど、どこか寂しげで悲しい気持ちを引っ張り出してくるような・・



動画は全くの無関係ですが、
イルカのように泳ぎたいと思いつつ、人魚のように泳ぎたいと思いつつ、

調べた結果、いい曲だったので惹かれて掲載してます(´`*)


曲はSUNFLOWER TIME で ANNA CARAM という方が歌っています。



[Edit]

Mission13# ミッドガンド――時計塔の町サンセット―― 2/3


〈サンセットにて。〉



水しぶきが上がり、水は重力を取り戻して地面へ染み込んでいった。
辺りを見渡すと井戸がある小さな広場へ出たようで、幸いにも周りには誰もいなかった。

「ここがサンセット‥?」


この町の名前だけに、夕日はとても綺麗なオレンジ色で陽に当たる建物や道はコーラル色に染まっている。

「綺麗な所‥」


歩き出して確かめようとするが、案の定魔法で体力を消耗してしまい体はふらふら同然だった。
そういえば任務で一度だけ、サンセットへ訪れたことがあるのを思い出した。

あの時は町を通り過ぎただけで町を見学出来なかったが、時計塔の近くに噴水広場があったことをふと思い出す。



「時計塔‥探さなきゃ」



ティアは広場から左右に分かれる道のうち、左の道を大通りに出るまで歩き続けた。
細い路地道からようやく大通りに抜けると、人通りが多い住宅の屋根上からひょっこり時計塔の時計と屋根が見えていた。

――‥あった!時計塔!


走りたい気持ちを抑えながら時計塔目指して、ティアは歩き続けた。
18時を知らせる鐘の音が町中に反響し、鐘の音色と共に白いハトの群れがどこからかやってきて羽ばたいていく。


どうしよう‥、もし行っても彼がいなかったら?もし私だとわからなかったら‥?


不安が募るうち、高くそびえ立つ時計塔と噴水が上がる広場が目の前に見え始めた。
人も多く、ここは待ち合わせ場所となっているみたいだ。

今の自分は無防備で、しかもこの状態でパラディンに見つかれば一溜まりもない。
あの中にパラディンがいる可能性もあるが、それでも彼を見つけなければ危険を侵してここに来た意味がない。

ティアは恐る恐る噴水広場に近づいた。
見渡してみるが、彼らしい姿は見あたらない。



急に辺りが暗くなったような気がして心細くなり、噴水の傍に座り込んだ。
胸の奥がキュッと痛み、噴水の水面に映っている自分自身の姿を見つめた。

髪は出会った時と同じ栗色。
でも、力尽きたら元の赤い髪に戻るのだ。
体力さえ回復出来たらと、ティアは思った。


「‥ティア?」

ふと自分の名前を呼ばれ驚いて水面をよく見ると右側にティアとは別の人物が映り込んでおり、顔を上げるとイリスが目の前にいた。


「ごめん、随分待った?」

ティアは首を振る。



「よかった‥、隣に座っていいかな」
「うん、いいよ」


びっくりして気づかなかったがイリスは汗をかいて息切れしていた。


「大丈夫?歩いてきてもよかったのに」
「歩くわけにはいかないだろ、約束したのは俺なんだし」


「ご、ごめんなさい」

「別に謝ることないよ。そうだ、案内する約束だったっけ。ついてきて」


イリスはパッとティアの左手を手に取ると、ゆっくり歩き始めた。

――‥って、て、手つないでるっ!!?


顔が一気に火照っていく感覚が顔全体に広がった。
心臓の鼓動も一気に高鳴り、イリスに聞こえそうな気がして少し不安になる。

「ど、どこへ行くの?」

――かんじゃったっ‥!


ティアは驚きと嬉しさと恥ずかしさで心がぐちゃぐちゃになっていた。
人からみればまともに見えるかもしれないが、ティアは話でさえまともにできない状態だ。


「時計塔。これ、内緒だからな」
「と、時計塔??どうやって‥?」

「中に階段があるんだ。それを使って上まで登るんだよ。てか、早く行かないとまずいな‥――」


ティアは階段と聞いて、ハッと我に帰った。
そういえば、魔法使ってほとんど体力を消耗していたっけ。



「あ、あの‥えっと――」

「どうした?」


「今ヘトヘトで‥体力があまりなくて登れないと思う‥」


「あ‥そっか」

「ご、ごめんなさい‥」


ヘコませてしまったとティアは悲しくなったが、急にイリスはティアを抱えて時計塔まで走り出した。



「えっ!!?ええっーー!!!?い、いいよっ!お、重いからいいって」
「ティアは少し休んだ方がいい。てか、時間あまりないからさ」

「えっ‥?」


時計塔の扉を開き、頂上へと続く階段をイリスは駆け上がっていった。
塔内は足音で反響している。

ティアは目をつぶってイリスの足音だけを聞いていた。



[Edit]

Mission13# ミッドガンド――時計塔の町サンセット―― 1/3

〈ハイヴヘイム―ティアの部屋にて。〉



ティアはまず自分の部屋に戻り、【任務掲示板】を手にとった。


メッセージの新着はなし。


普段はミッションに応じて、その目的地の水辺付近に移動することができるが、
ミッション以外にミッドガンドを行き来したことはこれまで一度もない。

【任務掲示板】に手を触れると行きたい場所まで連れて行ってくれるはずだが――。



「なんで‥?」


【任務掲示板】に手を触れても全然応答がない。
つまり、【任務掲示板】による移動は機能していないのだろう。



「機能する必要がないから‥だよね」


ティアはふと時計を見た。針は17:35を指している。
もうすぐ聖月祭が始まる。
約束の時間もすぐそこだ。



「魔法使うしかないか‥」


ミッドガンドに行くもう一つの行き方には自身の魔法を使うことだが、これにはかなりの魔法を使うために帰りはしばらく間をおかなければ体力の消費にもつながってパラディンに見つかる可能性が高まってしまう。
それを防ぐための【任務掲示板】だが動かない今は、魔法を使うしか方法がない。

ティアは洗面所へ行って蛇口をひねり流れ出てくる水に触れた。



『大地を潤す水よ。われをミッドガンド、サンセットへと導け』


水は勢い良くティアの体を包み込むと、
そのままティアの姿を消した直後水は床に音を立てて落ちた。



[Edit]

ほのぼのです☆

久々に動画をUPしてみました☆
今回は歌詞が怖い曲のはずなのに、ほのぼの系になった動画シリーズw

作者のセンスがいいですね(>ω<*)







絵本『人柱アリス』








『暗い森のサーカス』








鏡音リン『悪ノ娘』








鏡音レン『悪ノ娘』




[Edit]

3月初のバトン☆

片想い中バトン

Q1 いきなり始めるよ?
A1 はい
Q2 好きな人は年上?年下?タメ?
A2 タメです→同い年をタメというんですねΣ初めて知りました;
Q3 片想い暦は?
A3 その人ということ?だいたい1年☆ もう一年かぁ;;
Q4 どんなところが好き?
A4 わからない。。一目ぼれといわざるをえない状況で惹かれつつ*
Q5 逆にどんなところが嫌い?
A5 。。。(--`){ん~・・・)
Q6 相手から何て呼ばれてる?
A6 苗字
Q7 相手を何て呼んでる?
A7 苗字もしくはあだ名
Q8 好きになったきっかけは?
A8 私も知りたいです。。(^^;;)
Q9 告白した事ある?
A9 まだ。。でも、昔々の幼少時代の頃に一度(^^*)
Q10 2人っきりで遊んだことは?
A10 ない。。orz でも、これからもしかしたらある・・かも?
Q11 相手に彼氏or彼女がいたらどうする?
A11 一時期いたなぁ。。複雑な気持ちだったけど;;
Q12 友達と好きな人が同じだったらどうする?
A12 まさにそうだった;; 友達には言わなかったけど。。(^^;)
Q13 相手の好きな人が友達だったらどうする?
A13 諦める70%希望30%で希望にかけて、告白してみます
Q14 好きじゃない人に告白されたらどうする?
A14 傍にいてつらいなら、告白されても断ります;;
Q15 好きな人に告白されたらどうする?
A15 動揺して、きっと頭の中真っ白かも(^^;;)
Q16 好きな人と二度と会えないとしたらどうする?
A16 できるかぎり、最後の時間は相手の傍にいたいです。
Q17 好きな人から見つめられたらどうする?
A17 すぐに目をふせます(^^;;){相手からしたら嫌われてるようにしか見えない;;;)
Q18 相手の好きなところを3つ以上答えてください
A18 優しいところ☆頑張っているところ☆聞いてくれるところ☆
Q19 好きな人へのメッセージをどうぞ♪
A19 いつか自分で話すので今はいいです;;
Q20 お疲れ様でした☆
A20 お疲れ様でした☆
好きな人の誕生日がもうすぐなので
先駆けてではないですがバトンやってみました☆

振り替える分にはいいかなとやってみたところ。。
そういえば最近好き避けが悪化している自分を変えないといけないと思いました(^^;;)

辛いことが過去にあったのでなかなか改善が難しいですが、
このままなのも嫌なので頑張ります☆



カウンター

プロフ

渚 日向 /ナギサ ヒナタ

Author:渚 日向 /ナギサ ヒナタ

カテゴリー

  • ♦張り紙(14/10/6〜)♦ (1)
  • ♢メモ帳(14/10/6~)♢ (0)
  • *映画* (0)
  • *ゲーム* (0)
  • ◇情報ポスト◇ (5)
  • ◆日記◆ (26)
  • ◇本棚◇ (129)
  • ◆小物入れ◆ (27)
  • ◇作品箱◇ (2)

◇◆ノンフィクション◆◇

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。