[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

Kiroro (8) 最後の謎解き


「魔法のことはわからないけど‥メイラと一緒にいたら楽しい。
 今まであったものが当たり前じゃなくなったから。だから‥まだ一緒にいたい」

「私がニンゲンでも?ハートがなくても?」



レオはこくっと頷いた。

「レオ、昨日私に変って言ってたけど、私より変だよ」

「かもね。自分でも思うさ」



レオは笑ってそう答えた。


普通猫の姿していて元はニンゲンでーす、なんて言われたら大抵逃げ出すと思うんだ。

ほぼ間違いなく。
コイツは変だって。
ヘンテコだってね。


でも、なぜレオは逃げ出さなかったのか不思議だった。

――これもハートに何か関係するのかな?


ハートがない私にはわからない。
でも、ここが――この胸の辺りがスゴく熱い。

熱いミルク粥を無理にお腹へ押し込めて食べた時みたい。



それが何かわかれば、ハートの形がわかるかもしれない。



でもどうしても答えが導き出せないまま、日暮れ前まで来てしまった。
シャアラが現れ、最後の謎解きについて聞きにきた。


「ハートの形見つけた?」

メイラは首を振った。



「見つからなかった。でもどういうものかわかった気がする。それがあれば、ココに響く――」

メイラはそっと、胸に手を当てる。


「とても嬉しくて優しい。そうだね、ちょうどお日様のような‥。
  でも、ありすぎはダメ。お日様のように、暑くなりすぎて良くない。
  だから‥、お日様。ハートの形はお日様じゃないかな?」



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


カウンター

プロフ

Author:渚 日向 /ナギサ ヒナタ

カテゴリー

  • ♦張り紙(14/10/6〜)♦ (1)
  • ♢メモ帳(14/10/6~)♢ (0)
  • *映画* (0)
  • *ゲーム* (0)
  • ◇情報ポスト◇ (5)
  • ◆日記◆ (26)
  • ◇本棚◇ (129)
  • ◆小物入れ◆ (27)
  • ◇作品箱◇ (2)

◇◆ノンフィクション◆◇

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。