うぐいす色の実

[Edit]

やさしい夜。

やさしい日。
気持ちが穏やかな夜。

しばらく会えない日が続く。
ふいに聞いたあの人を私と同じように好いてる先輩のこと。

ショックがある反面、その先輩は綺麗な先輩で。
その分、何かとおしゃれにまで気を配れていない私。
おろそかにしている部分。
少なからず、自分自身に劣等感を抱く。
バカだ、本当にバカだ・・私は。
自分中心に回ってるわけないんだから、
他にも私のようなあの人を好く人は何人もいるのに。
私を好いて欲しいという気持ちは誰でもあるけど、
幸せになって欲しいという気持ちは誰にも負けたくない。

自分に嘘をつかず、自分を信じてほしい。
そして幸せになってほしい。


どうか幸せになってください。

優しい夜。
久々に素直な感情。

あの人のことになると胸が痛くなるくらい好き。
私より幸せになってほしいくらいに。
でもあの人にとって私は・・怪我もして
病気がちで花のないクラスメイトで・・・きっと好きじゃ・・ない。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)