うぐいす色の実

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[Edit]

#46 二つの運命 2/4


「とぼけないのぉ、頭良いんだから。そこの兄さんが話してたじゃない」


エンゼルはあまりのアルコール臭さに戸惑い、イメージが違ってからか
どう答えていいかわからず戸惑っていると、ユラがエンゼルをかばい、女性の前へと出た。

「あら、弟思いね」

そう女性はクスクス笑った。



「ステラ、あまりエンゼルをいじるな」

その女性――ステラはそうロワンがいうのを耳にすると、
今度はロワンの方へと話題が移った。


「ちゃんと名前言えてるじゃない!だったらちゃんと呼ぶことよ。
それで…ヒワリ、あの子は元気?」

やはり名前で呼ばなかったことにステラは怒っていた。
見た目は怒ってないように見えるが、周りから放つ雰囲気が
トゲトゲしいものに変わりエンゼルは怖くなった。



「一様な。それで…――」

「何が一様よ、ロワン!あたしの目を見くびっているわけぇ?
あの子は今2つの運命を背負ってるのに、それでも一様とでもいうの?」


2つの運命という言葉に、みんなが驚いた。
ロワン自身もどういうことかわからない。


「1つはロワン自身にもわかっているはず。問題はもう一つの方!
あたしに聞きたがっていたことがあるわよね?」


「ソレイユの印…」

ロワンもステラの勢いに戸惑ったがしっかりと答えた。



「その色や形は?ちゃんと調べたの?前にも言ったけどロワンは
あの子を支える側なんだよねぇ。守る側じゃないのよ、その役割は別の人の役割だから」

「ステラ、知っているだろ?俺はロワン・エオローだ。守る義務はある」


酔いが冷めてきたのか、ステラは持っていた酒瓶を口につけたが
中のお酒がなくなったらしく、瓶の口を道へ向け上下に振る仕草をした。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お邪魔しました。

KalaKaLa | URL | 2012/01/03 (Tue) 20:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。