[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

#62 武勇伝書 5/5



"…青し選ばれし者よ。そなたは誰ゆえに捧げる?
何を得ようとも、オルゴンはそなたを見捨てはしまい。
ソレイユこそそなたを見捨てた者、その印を付けた偽善者。我、そなたに印を解放しようぞ"


その一節を読み終えると、次のページを開いたが何も書いておらず白紙のページが続いていた。


「エンゼル…何て書いてあった?」
本の状態からヒイラギは、エンゼルの様子が気になった。

「"蓮の花を司る者。そなたは何を求める?ソレイユはそなたに何も与えなかったというのに。
偉大な力、これを授け好きに使うがよい"とあって白紙のページが続いています」
エンゼルにも本にあった内容を伝え、ヒイラギは思い悩んだ。


「…どういうことだ?」

「ソレイユの印はオルゴンと関係してるようだな」
ユラは腕を組んでエンゼルとヒイラギの持つ本の表紙を見ていた。タイトルのない本。
しかし、表紙にある模様だけは違っていた。

「エンゼル、印の模様は?」

「え?どうしてですか?」
「表紙をみてみろ」


言われるまま、エンゼルは本の表紙を見る。
そして或ることに気づき声を上げた。
「印と同じです!僕のは蓮の花なんです。あれ?花びらが少し開いてる」

ロワンと同じであることも話すと、フォーンは自分の印もヒイラギを同じことを嬉しく思い
ヒイラギの印をみて喜んだ。


「ヒイラギのは私と一緒だね。青いなんて知らなかった。羽根の模様なんだね?」

同じ印がそろう。これには何かあるとヒイラギは思い、他にヒワリやユラの本もないのかと
自分の持っている本を見てはユラやフォーン、エンゼルに聞く。
「他の本の内容は?本はあと何冊ある?」


まだ探そうとするヒイラギにユラは止めに入った。

「ヒイラギ、恐らくこれ以上さがしても、印の手掛かりは掴めない。
本が全て語ってるわけではないんだ」

「けど…」
そういわれ納得のいかないヒイラギはユラに反対しようとしたが、再びユラに
止められる。

「ヒイラギ、ここにあるのはソレイユを称えた伝記に過ぎない。
ソレイユの印がどうして現れるのか、知っているとすれば吸血鬼だろ?」


ヒイラギはユラの言葉で気付いた。
そう言えば、伝記にはオルゴンについて書かれてないのだ。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


カウンター

プロフ

渚 日向 /ナギサ ヒナタ

Author:渚 日向 /ナギサ ヒナタ

カテゴリー

  • ♦張り紙(14/10/6〜)♦ (1)
  • ♢メモ帳(14/10/6~)♢ (0)
  • *映画* (0)
  • *ゲーム* (0)
  • ◇情報ポスト◇ (5)
  • ◆日記◆ (26)
  • ◇本棚◇ (129)
  • ◆小物入れ◆ (27)
  • ◇作品箱◇ (2)

◇◆ノンフィクション◆◇

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。