[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

#65 春色の優しいクッキー 3/4

『"そして赤いリンゴが1つ…――"』

母のガーネットが口ずさんでいた歌を思い出していた。
昼間、ぼーっと窓を見つめる母が歌っていた歌。

『"木から落ちて割れた。2つに割れた。2つに割れて1つになった。1つは1つを探して…――"』



「"1つに戻る。1つに戻ったリンゴ、黒と金。赤い薔薇が咲いていた"」

ヒワリが回想を終えると、みんながヒワリに向いて思わずドキッとし急に恥ずかしくなった。
「――…っ!ご、ごめんなさいっ…つい口ずさんじゃって…」


「今のは何の歌?」

フォーンが興味深げにヒワリに聞いた。


「え、えっと…お母さんが歌っていた歌で…詳しいことはわからないけど教えてくれて」
「へぇ、それは俺も初めて聞いたな」


その後みんなの話が飛び交ったがヒワリには話声が聞こえて来なかった。

「ごめんなさい…ちょっと先に部屋へ戻るね」
「ついてくよ」
フォーンが言い終わらないうちにヒワリはドアを開け廊下へと出ていく。


「俺が行く。顔色悪そうだし、明日決勝なんだろ」

「なんだかんだ言って、ヒワリさっきから様子おかしいもんね…」
「怪我したんでしょうか?」

エンゼルの問いにロワンは否定する。

「それはないな。あいつ、すぐに通過したし。そういや、リズに何か言われてたな。
気にするなとは言ったものの…」

「わかった。一様傷は診ておく」

ヒイラギはそう告げると、ヒワリを追って部屋から出た。



シワーズ内の部屋は全部番号がふられており、客室の並びは左端から番号がふられ
フロアはコの字型、中央には三階と一階までを結ぶ階段がある。
先ほどヒイラギがいた部屋は206号室、ヒワリがいる部屋は208号室で右側の一番隅の客室だった。

ヒイラギは208号室へノックする。


「ヒワリ、入ってもいいか?」

「ちょっと待って」
ドア越しからそう聞こえると、しばらくして鍵を開ける音が聞こえるとドアが開きヒワリが顔を出した。


「ヒイラギ…?」
「明日大会だろ?傷とか体調、診とくよ」

「大丈夫、平気だから」
「いいのか?あいつらまた心配するぞ」


ヒワリは少し考えた後、ヒイラギを部屋に招いた。
「とりあえず部屋に入って」

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


カウンター

プロフ

渚 日向 /ナギサ ヒナタ

Author:渚 日向 /ナギサ ヒナタ

カテゴリー

  • ♦張り紙(14/10/6〜)♦ (1)
  • ♢メモ帳(14/10/6~)♢ (0)
  • *映画* (0)
  • *ゲーム* (0)
  • ◇情報ポスト◇ (5)
  • ◆日記◆ (26)
  • ◇本棚◇ (129)
  • ◆小物入れ◆ (27)
  • ◇作品箱◇ (2)

◇◆ノンフィクション◆◇

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。