[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

#67 コルシェ・センター・フィールド大会:前編 1/4

【コルシェ・センター・フィールド:決勝戦】

歓声が一気にどよめきに変わった瞬間をリズは聞き逃さなかった。
大会にいきなり現れた相手。


それでも負ける訳にいかない。
今日の決勝で負ける訳にはいかなかった。

そうリズは決意していた。
それなのに…――。


リズが刃向かった相手はあまりにも強すぎた。
突如として大会の最中に現れた人物はマントをはためかせフードを被っている。


袖から覗かせる長い爪には見覚えがあった。

「お前は!!…――」

大会決勝戦に残った出場者ではない。


狩人の誰がみても正真正銘のヴァンパイアだ。
フードの奥から赤い2つの目がリズを見下ろしていた。





【コルシェ・センター・フィールド:決勝戦――開始直後】

翌朝、コルシェ・センター・フィールドのゲートをくぐり抜けるとちょうどアナウンスが入り
辺りは決勝戦での開幕ムードで開場をわかせていた。


開場だけでなく、外からも歓声が上がっているようだ。
昨日とは違う活気の良さに、エンゼルとフォーンは驚いた。


「今日は一段と盛り上がってるんですね」
「そうそう、一位になったらどうなるの?賞金だけ?」
フォーンはロワンに尋ねる。

「決勝へ進んだ者は前回のチャンピオンと戦う権利を得る。賞金はその後。
勝てば、次のチャンピオンだな」
「なんだ…、期待外れ…」
もっとこう、メダルとか貰えるのかと思った…。
フォーンはそう思いがっかりした。

「一体何期待してたんだ?この大会自体、狩人同士の力比べだろ?」
そんなフォーンの様子をみて、呆れて言ったのはヒイラギだ。
「仕方ないでしょ?大会自体始めてなんだから!」
ムッとしたフォーンは言い返す。
「だとすれば、リズはどうして大会に出てる?戦う必要はないだろ?」

ユラの指摘も一理ある。
しかしそれは誰にもわからなかった。


もしあるとすれば――。
ヒワリは昨日、ヒイラギがリズの話をしていた内容を思い返す。
もし・・・あるとすれば、ヴァンパイアが原因?
もしその事件がなければ、リズはこの道に進まずにこれたのかもしれない。
そんな考えがヒワリの中で横切った。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


カウンター

プロフ

渚 日向 /ナギサ ヒナタ

Author:渚 日向 /ナギサ ヒナタ

カテゴリー

  • ♦張り紙(14/10/6〜)♦ (1)
  • ♢メモ帳(14/10/6~)♢ (0)
  • *映画* (0)
  • *ゲーム* (0)
  • ◇情報ポスト◇ (5)
  • ◆日記◆ (26)
  • ◇本棚◇ (129)
  • ◆小物入れ◆ (27)
  • ◇作品箱◇ (2)

◇◆ノンフィクション◆◇

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。