うぐいす色の実

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[Edit]

#70 コルシェ・センター・フィールド大会:前編 4/4


「やりすぎだ、リズ!」

ロワンの声は響いたが、リズには届いていなかった。


ふいによろよろとよろめながら近づく金色の光をヒワリは手で包み込んだ。
目は両方とも×になり、体の色は元に戻っていたが体は淡い藤色ではなく、
桃色に染まっているグロウ・ピンキーだった。

周りに見えないように、少しだけヒアの魔法をグロウ・ピンキーに送ると
チームごとの籠へ入れた。



『リズがサンダーを浴びさせたところで一度集計しましょう。あくまでここは選抜ですので
悪しからずご了承願います。

…さて、集計ができたようですね。Aチーム8匹、Bチーム11匹、Cチーム7匹。
なお、グロウ・ピンキーの色違いはCチームによって見つかりました。
よって、5匹分となり、Cチームは15匹獲得。
これにて、トール、ナムサ、ロムリ、ヒワリ、リズ、ムーベンの決勝進出が決まりました!』


ヒワリは他のグロウ・ピンキーたちを見て唖然として、アナウンスが耳に入らなかった。
チームごとの籠には弱りきったグロウ・ピンキーたちが入れられており、
赤い光と金色の光を交互に光り再び警戒を示した。

ウォーターとヒアを混ざり合わせた医療魔法を使う。
宙に浮いた球体のような液体に始めこそは警戒していたものの、水だとわかると
楽しそうに遊び始めた。


「何してるの?もう終わったのよ?」

リズの冷めたい言葉が突き刺さる。
「それに邪魔しないでって言ったよね?何?そんなに人の邪魔がしたいの?」

いつの間にか鞘を抜き、剣を持ってヒワリに詰め寄った。
グロウ・ピンキーたちの光は青色へと変わり、リズの様子におびえていた。

リズの瞳を見てヒワリははっきりとした確信に変わる。
瞳の奥では、憎しみと怒りが渦巻いているように見えた。
それがヒワリに対してなのか、ヴァンパイアに対してなのか分からないが、
今のリズと同じ目を前に一度見覚えがあった。
以前、鏡を映して見たヒワリ自身の時と同じ瞳。




「なんか大会にしては変ですよ。なんというか・・・焦ってるといえばいいのでしょうか」
エンゼルはそうフォーンやヒイラギ、ユラに言った。
みんなもその意見に賛同したようだ。

そして、そういっている間に観客席でどよめきが起こった。


「ヒイラギ、リズが!」
フォーンの声にはっとして、ヒイラギはリズを見た。
腰の鞘にしまっているはずの剣が抜かれ、ヒワリに迫っている。

それをみてフォーンやエンゼルは居ても立ってもいられない。

 「どうしちゃったのかな・・・?ヒワリ大丈夫かな??」 
 「えっと・・・、そうだ!魔法を使えば・・・!」
 「ここからでは魔法は使えない。遠すぎるし、何より危険だ」
ユラの声にエンゼルは納得できない。

 「でも!」

そして他の観客席ではさらにどよめきが強くなった。
ふとリズとヒワリの近くへ見ると、そこには黒いマントを着た
何者かが立っていた。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。