[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

Mission10# ミッドガンド――ミリカの地下都市―― 3/3

先へ進むほど、周りの岩は岩をくり抜いた住宅へと代わり始めた。



「イリス、誰もいないね」

「そりゃそうだろ?ここに住んでいるいる人はいないさ」


「そうじゃなくて、魔物だよ。普通は襲ってくるはずなんだけど‥」




進むにつれて地上と同じような住宅の並ぶ町へと姿を変え、あの貯水湖の水が今も町の側を通っていた。


「あれって‥」
「噴水‥?でもなんで‥」


町の広場らしき場所の中央には噴水があり、上が覗けれほどの低さで穏やかに段を作って流れていた。

水が湧き出た先は一つの水路へとつながり、別の川へと合流していた。噴水の近くに寄ると、その一番上には金色の玉がはまりどうやら水は玉から水があふれ出ているようだ。




「サイコエネルギー?ってことは、ここはこの町の水の源ってことか」

「‥‥これが無くなったら、ミリカは」


「生活していけなくなるな、水がないと‥。盗まれなかったらいいけどな」



盗んでるわけじゃない!そう言いたかったが、何も言えなかった。


「ここにずっと水が溢れてたらいいね」



イリスはそんなティアを見て、表情を少し緩めた。

「そうだな」


またドキッとなって、ティアも自然と笑みがこぼれる。

「たぶんこの先に行くと、広場の地下に着くと思う」



イリスと川の先を交互に見ながら話していると、イリスの顔が少し赤くなっていた。

「どうしたの?」


「‥なぁ、もし地下から出られたとしたらもう一度会わないか?ミリカじゃなくても、ティアの家じゃなくてもいいから。‥えっと‥‥その‥今度はちゃんと会いたいと思って」


そう言われて、ティアはみるみる顔が火照っていく。
さっきまで見れたイリスの顔が急に見れなくなった。



「‥うん、いいよ。でも‥私、明日にはこの町を出るから‥‥せめて場所といつかを教えて」

「えっとじゃぁ、時計塔のサンセットの噴水広場で、そうだな‥5日後の夕方、18:00ぐらいに。俺の住んでる町だからいろいろ教えてあげられるし」


「うん、楽しみにしてるね」




川に沿って先に進むと、火の光よも弱く火とは違う光が川の先に見えてきた。
風がかすかに流れ込んでいるらしく、ひんやりとした空気に変わり始めている。

確かに川の先には出口があったが、広場へ続く階段ではなく、路地裏の小さな空き地へと出た。


「ごめんなさい、違う場所に出ちゃったね」

「いや、おかげで出られた。ありがとう」



砂漠の中にある町なのか、夜はかなり冷え込んでいた。
東の空は明るくなってきている。

もうすぐで新しい朝が来るのだ。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


カウンター

プロフ

Author:渚 日向 /ナギサ ヒナタ

カテゴリー

  • ♦張り紙(14/10/6〜)♦ (1)
  • ♢メモ帳(14/10/6~)♢ (0)
  • *映画* (0)
  • *ゲーム* (0)
  • ◇情報ポスト◇ (5)
  • ◆日記◆ (26)
  • ◇本棚◇ (129)
  • ◆小物入れ◆ (27)
  • ◇作品箱◇ (2)

◇◆ノンフィクション◆◇

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。