うぐいす色の実

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[Edit]

Mission12# ハイヴヘイム――約束―― 2/2



〈館長室にて〉


コンコン‥。
館長が書類の整理をしていると、ノックの音が聞こえた。


「お入りなさい」



ティアは館長の声を聞いてそっとドアを開けた。
いつもは書類でごちゃごちゃになっている館長室はきれいに片付き広々とした空間に様変わりしていた。



「ティア・シルバートです。すみません‥、聖月祭の前なのにお邪魔してしまって」


「いいから、かけなさい。大丈夫、マフィン君には下がってもらってるから。
  それで――私に何かしてほしいことがあるのかな?」


図星だ。
ドキッとなりながらも、手前の椅子にティアは腰かけた。



「セシルから聞きました。聖月祭は‥ノヴァ全員が参加なのですね」

「基本は‥でも何か用事があるのかい?」



「約束で‥今晩は聖月祭を少しの間だけ抜けてもいいですか?」

「‥ハイヴヘイムではないのだな?」


ティアはまたドキッとした。
まるで何もかも館長に見透かされているように感じた。




「この時期に抜け出す者はハイヴヘイム中おらんよ。君が初めてだ」

ティアは手をギュッと握り締めた。


「すみません‥、ミッドガンドで助けて頂いた方と会う約束をしたのです。
  お礼は‥例え人でもしなければと思って」



「寄りによって人とはな‥。それに今日は、聖月祭‥――その昔」



館長の話によると聖月祭は昔、人と亜種が共に平和を願う祭りとして始まったらしい。
しかし人がハイヴヘイムから去ったあと、
聖月祭は亜種が世界樹を敬う祭りとして行っていたため人を祭りには加えなかった。

人の命は亜種よりも短い。

そのために、人は聖月祭を忘れたという。




「――‥ティア、ある意味君は間違っているとはいえないが、長居はしてはならない。
パラディンがミッドガンドにはたくさんいる。
皆には内緒にするが、気をつけていきなさい。このことはみんなに口外しないように」



まさかの発言にティアは驚いたが、嬉しさのあまり声は出さず一礼して館長室を後にした。



「私もまだまだ甘いな‥、フレイ」


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。